不動産経営の方法としまして、賃貸経営という方法があります。住宅を提供して家賃収入を得るという、いわば大家さんです。賃貸経営は体力を必要としない仕事であり、なおかつ住民との契約が続いている限り収入が継続する仕事ですので、どんな年齢になっても行い続けられる一生もののお仕事になります。

そんな美味しい条件の仕事なのですが、賃貸経営はだれでもできる仕事なのでしょうか。答えはイエスです!賃貸経営を開始する絶対条件としまして貸し与える物件を所持しているかどうかなのですが、それさえ満たしてしまえば、仲介する不動産業者の手引きを受けることで誰でも賃貸経営は可能になるのです。

賃貸経営の家賃収入を目当てに土地建物を購入するという人も増えてきているようです。その様な人達には自覚のない行動なのかもしれませんが、それは立派な不動産投資の一種なのです。不動産投資は土地そのものの売買のみを表す言葉ではなく、賃貸経営もその一種だとされています。

賃貸経営の為の物件購入なのですが、新築物件なら不動産ローンを組む事ができます。ローン審査に通らなかったという人でも、中古物件なら手軽な値段で購入できることがあります。選ばれる物件としまして、一軒家を想像するかと思いますが、マンションの1室だけを購入するなどの方法もあります。

関連する記事はこちら http://www.ludlowcolonialcondos.com/2014/10/03/entry-20141003/