こども保険を比較する時のポイント

お子さんが産まれたとき、あるいは産まれる前から教育資金を気にする方も多いことでしょう。お子さんの教育資金の備えとして多くの家庭で利用されているのがこども保険です。こども保険はお子さんの教育資金を確実に用意できる保険です。
昔は主に郵便局がメインで販売されていた保険商品ですが、幅広く利用されていることから、たくさんの金融機関で販売されるようになりました。
今となってはほとんどの金融機関で取り扱っているので、色々なタイプのこども保険が見受けられるようになりました。
小学校、中学校、高校、大学それぞれの入学するタイミングでお祝い金が受け取れたり、保護者だけではなく、お子さんのケガや病気にも保障が得られたり、保障内容も非常に充実しています。

では。これだけ多くのこども保険がある中で、加入する側としてはどのような基準でこども保険を選べば良いのでしょうか?

まずは必要な保障があるかどうかです。既に別の積立保険に加入していれば、保障内容が重複しているものもあることでしょうから、そういった保障は余分な保険料の元です。
また、保障が手厚い程、将来受け取れる満期学資金が少なくなります。貯蓄と保障、どちらを優先するかも考えて選びましょう。

生命保険の考え方とは

生命保険は保険の中でももっとも高額な商品です。

ドラマ等で扱われる事もありますので、名前だけなら聞いた事があるという人も多いかと思われるのですが、生命保険は自分自身よりも、むしろ残される側にとって大問題となる事なのです。例えばですが、一家の大黒柱が急病で亡くなってしまったら生活そのものが成り立たなくなってしまうのです。そのような不安を解消するために生命保険というものがあるのです。つまり、生命保険というのは加入者ではなく、その回りの人にとって有意義なものになってくれるものなのです。

また、生命保険にもいろいろな種類がありますので、どのような生命保険が良いのかくらいはしっかりと考えておくべきです。仮にですが、何かあっても何も残せるものがないとなると、亡くなってしまった本人は苦労する事はありませんが、残された側は悲しみだけではなく、その後の生活に於いても苦労させられる事になってしまうのですから、そのような事にならないよう、文字通り「いざという時のため」に生命保険に加入しておく事は決して悪いものではありません。誰だって自分の大切な人が困っている姿というのは見たくないはずですが、その気持ちの延長線上にあるのが生命保険なのです。

貯蓄保険の損得について

貯蓄保険は満期のタイミングを迎えるまでに、決まったタイミングでコツコツ積み立てる保険商品になります。実際に貯蓄保険に保険料を積み立てればコツコツと積み立ててきた保険料とその利息を受け取ることができるので、将来に備えての貯蓄方法としても大変効果的です。
しかし、一方でファイナンシャルプランナーなどお金の専門家は貯蓄と保障は分けるべき、という意見が多いのもまた事実です。では貯蓄保険は得なのか損なのか、という観点で考えたらどうなのでしょうか?

実際のところは何とも言えず、普通預金に比べたら利回りが良い商品が多い、ということくらいです。
というのも、終身保険で例えると毎月毎年支払う保険料の総額が1,000万円だったとして解約返戻金がそれを上回ることもあり、1,100万円受け取ることもあるのです。終身保険は定額型と呼ばれる保険のタイプに分類され、何年後に解約返戻金がいくら支払われるか、というものがあらかじめ決まっているのです。そのためリスクはほとんどありません。

終身保険で考えればこのような特性があるので、貯蓄に保障がついていると考えれば普通預金とくらべてもずっと得ということが言えます。加入前に今の普通預金の金利と比較するとそれもまた明確でしょう。

自分年金は堅実的に行なう必要がある

自分年金をしっかりと積み立てていくのは、将来にとって大きな備えにすることができるものになります。備えにできなければ、それは自分年金をしている意味があまりなくなってしまうと言えるでしょう。
しっかりとした年金にすることができれば、それは将来的に楽に暮らしていけることにつながります。逆にちょっとでも隙を作ってしまい、それによって楽をしようとしてしまうと、それは将来の辛さにつながってしまうこともあります。

投資や運用となると、自分で挑戦したくなってしまうものですが、自分年金は挑戦というよりも堅実的に進めていく必要があります。そうでないと損失が非常に大きくなってしまうことも考えられます。損失が大きくなってしまえば、通常の生活をしていくのも苦しくなってしまいますし、当然そうなってしまうと、さまざまな面でデメリットが生まれてきてしまいます。

十分注意が必要であり、堅実的な投資を常に心掛けていく必要があります。堅実的な投資をすることができなければ、それだけ自分にとってのデメリットになることは確実であり、生活は苦しくなる可能性があがります。
年金はそれを防ぐための手段であり、その年金で苦しくなってしまえば本末転倒です。

自分年金については以下で情報収集するのがお勧めです。
自分年金専門のインターネット情報サイト
お役立ちコンテンツ満載の人気HPです。

貯蓄保険を解約する前に考えるべきこと

せっかく今まで保険料を支払ってきた貯蓄保険を安易に見直ししようと考える方が多いようです。相談する方の多くが養老保険や個人年金保険の早期解約です。すべて理解して納得した上で解約するのであれば良いのですが、保険料が高いからという理由で解約することが多いようです。これは本当に正しい判断なのでしょうか?

貯蓄保険は掛け捨て保険と比べると毎月支払う保険料は高めです。それが家計を圧迫することは確かで、掛け捨て保険の金額を見ると、「保険としては高いなぁ」と感じるかもしれません。しかし、貯蓄として考えると本当に高いのでしょうか?

養老保険や個人年金保険は保険商品のひとつでありますが、掛け捨て保険に比べれば保険機能はそれほど充実していません。加入当初は保障が手厚いものの、満期時は保障と支払った保険料がほとんど同じ金額となるので、保障機能が小さくなるからです。

さらに個人年金保険となるとほとんど年金を積み立てるだけのものになるので、余計に見直しの必要性を感じることでしょう。
しかし、貯蓄という観点で考えればまだ一考の価値があるのではないでしょうか?毎月確実に老後のために貯蓄ができるという意味では将来の安心を買うようなものです。
安易に解約と考えず、貯蓄の観点で見直してみてみましょう。

確定拠出年金導入の背景

元々はアメリカから始まった制度である確定拠出年金。日本でも2001年から日本版401kとして開始されました。さて、ではそもそもこの確定拠出年金が何故日本で始まるということになったのでしょうか?ここでは日本版確定拠出年金開始の背景について簡単に考えていきたいと思います。

まず第一として、日本の人口状況に問題が発生していることが挙げられます。多くの先進国においては、少子高齢化というものが発生しており、各国対応を急いでいます。WHOからもそれぞれの国に対して、対応の注意や警告というものが発されています。しかし、実は日本にはこれが発されていません。

何故か?それは、日本の少子高齢化は最早今から対策してどうにかなるレベルを超えているためです。2014年現在ではまだ人口は増加傾向にありますが、このままの人口推移をたどっていくと2020年には人口減少が始まり、2050年には半数近くにまで人口が減るという試算が存在しています。

そうなると、公的年金というのは支えられる層が拡大し、支える層が縮小していくことになります。かつてはコレが逆であったために正しく成立していましたが、今後はこの構造が崩れ、公的年金の地盤が危うくなることが懸念されているというのが、確定拠出年金導入の背景の一つです。

地道な資金形成が重要になる

老後に十分な資金がなく、十分な生活を送ることが出来ない人のことを「老後難民」と呼びます。嫌な言葉であるとは思いますが、しっかり向き合っておかなければならない問題でもあります。日本は中負担中福祉の国として長く継続してきましたが、小さな政府を目指すという世界的な先進国の流れのなかで、小負担小福祉の国へと向かっていっています。そういった過渡期において、老後の問題というものを避けて通る事はできません。

老後に十分に生活できるだけの資金を、自分で用意しておかなければならないということです。とはいえ、この老後資金の形成というのは一朝一夕にできることではありません。バリバリ仕事をしている間に考えて置かなければ、リタイア後に老後難民になってしまうことだって十分に考えられるのです。

今30代や40代である人達なら、まだまだ間に合います。50代になってしまっていると、少々無理をしながら資金形成を行うことを考えなければなりません。20代であれば、まずはマイホームの方を考えた方が良いでしょう。老後資金を考えるのはその先でも問題はありません。

重要なのは地道に資金形成を行っていくことです。積立預金や積立投資などを上手く駆使しましょう。

老後資金の準備に貯蓄型保険も検討されてはいかがですか。
以下のブログが参考になると思います。
「貯蓄と安心が得られる貯蓄型保険」http://www.cohoshike.com/

保障と貯蓄ができる保険

万一の時にために保険に加入している人はたくさんいます。多くの人は病気やけがによる入院や手術、死亡や高度障害などを保障する保険に加入しているようです。これらは月払い、または年払いで保険料を支払いますが、掛け捨て保険だけでなく、中には貯蓄性のある保険もあります。

このような保険は、保険と貯蓄ができることが特徴とされ、死亡保険金または満期金が得られる保険として人気があります。貯蓄性が高い養老保険は、貯蓄性が高いことが特徴で、保険としては、もし保険期間中に死亡したときに保険金が支給されるようになります。

養老保険では保険期間が終了すると、満期金として受け取れる保険です。保険としては掛け捨てでないことが特徴とされています。また、この満期金は、死亡したときに受け取れる死亡保険金と同額の金額が受け取れるので、貯蓄性が高い保険として人気となっているようです。

たとえば、満期では、満期金1,000万円も受け取ることができるため、積立型の保険として、老後の生活資金づくりに活用できるといわれています。このように、養老保険は、死亡保険と貯蓄が充実した保険として、今後、最適な貯蓄の一つとして期待されるようになっているのです。

将来性の高い複利での資産運用

資産運用で大儲けを考えているのでしたら『複利』というものに注目して欲しいですね。複利は、のちに目に見えてお金が増えていく様子が分かりますので口座資金を確認するのが楽しくなってくるという感想を持っている人が多いのです。

そんな夢のある資産運用が複利なのですが、「これは詐欺ではないのか?」といった警戒心を持たれる方もいらっしゃる事でしょう。しかしご心配なく。複利という資産運用方法は、どこの銀行でも行なわれている昔からある有名な銘柄ですので、複利そのものに騙しはありません。

複利とは、口座内の資産量からの利息計算を行なうという銘柄です。通常の単利と呼ばれる利子計算は、契約時から固定されているものですが複利の場合、一年目の利子で増えた資産を基準として翌年以降は新たに利息計算が行なわれます。

つまり複利とは、順調に資産が増えていきますと、10年後、20年後には膨大な資産となって返ってくるのです!性質上、長い年月が必要な資産運用方法なのでお金の使い道が現在思い浮かばないという若い方は、とりあえずの複利で、金融機関に資産を預けるのも悪くないかと思われます。

ただし複利の仕組みに騙しはないものの、それをうたう業者については別問題となります。大事なお金を預けるのですから、信頼のできる業者を調べてから資産を預かって貰うことをオススメします。

だれでも出来る賃貸経営

不動産経営の方法としまして、賃貸経営という方法があります。住宅を提供して家賃収入を得るという、いわば大家さんです。賃貸経営は体力を必要としない仕事であり、なおかつ住民との契約が続いている限り収入が継続する仕事ですので、どんな年齢になっても行い続けられる一生もののお仕事になります。

そんな美味しい条件の仕事なのですが、賃貸経営はだれでもできる仕事なのでしょうか。答えはイエスです!賃貸経営を開始する絶対条件としまして貸し与える物件を所持しているかどうかなのですが、それさえ満たしてしまえば、仲介する不動産業者の手引きを受けることで誰でも賃貸経営は可能になるのです。

賃貸経営の家賃収入を目当てに土地建物を購入するという人も増えてきているようです。その様な人達には自覚のない行動なのかもしれませんが、それは立派な不動産投資の一種なのです。不動産投資は土地そのものの売買のみを表す言葉ではなく、賃貸経営もその一種だとされています。

賃貸経営の為の物件購入なのですが、新築物件なら不動産ローンを組む事ができます。ローン審査に通らなかったという人でも、中古物件なら手軽な値段で購入できることがあります。選ばれる物件としまして、一軒家を想像するかと思いますが、マンションの1室だけを購入するなどの方法もあります。

関連する記事はこちら http://www.ludlowcolonialcondos.com/2014/10/03/entry-20141003/