Archive for 11月, 2014

地道な資金形成が重要になる

老後に十分な資金がなく、十分な生活を送ることが出来ない人のことを「老後難民」と呼びます。嫌な言葉であるとは思いますが、しっかり向き合っておかなければならない問題でもあります。日本は中負担中福祉の国として長く継続してきましたが、小さな政府を目指すという世界的な先進国の流れのなかで、小負担小福祉の国へと向かっていっています。そういった過渡期において、老後の問題というものを避けて通る事はできません。

老後に十分に生活できるだけの資金を、自分で用意しておかなければならないということです。とはいえ、この老後資金の形成というのは一朝一夕にできることではありません。バリバリ仕事をしている間に考えて置かなければ、リタイア後に老後難民になってしまうことだって十分に考えられるのです。

今30代や40代である人達なら、まだまだ間に合います。50代になってしまっていると、少々無理をしながら資金形成を行うことを考えなければなりません。20代であれば、まずはマイホームの方を考えた方が良いでしょう。老後資金を考えるのはその先でも問題はありません。

重要なのは地道に資金形成を行っていくことです。積立預金や積立投資などを上手く駆使しましょう。

老後資金の準備に貯蓄型保険も検討されてはいかがですか。
以下のブログが参考になると思います。
「貯蓄と安心が得られる貯蓄型保険」http://www.cohoshike.com/

保障と貯蓄ができる保険

万一の時にために保険に加入している人はたくさんいます。多くの人は病気やけがによる入院や手術、死亡や高度障害などを保障する保険に加入しているようです。これらは月払い、または年払いで保険料を支払いますが、掛け捨て保険だけでなく、中には貯蓄性のある保険もあります。

このような保険は、保険と貯蓄ができることが特徴とされ、死亡保険金または満期金が得られる保険として人気があります。貯蓄性が高い養老保険は、貯蓄性が高いことが特徴で、保険としては、もし保険期間中に死亡したときに保険金が支給されるようになります。

養老保険では保険期間が終了すると、満期金として受け取れる保険です。保険としては掛け捨てでないことが特徴とされています。また、この満期金は、死亡したときに受け取れる死亡保険金と同額の金額が受け取れるので、貯蓄性が高い保険として人気となっているようです。

たとえば、満期では、満期金1,000万円も受け取ることができるため、積立型の保険として、老後の生活資金づくりに活用できるといわれています。このように、養老保険は、死亡保険と貯蓄が充実した保険として、今後、最適な貯蓄の一つとして期待されるようになっているのです。