貯蓄保険は満期のタイミングを迎えるまでに、決まったタイミングでコツコツ積み立てる保険商品になります。実際に貯蓄保険に保険料を積み立てればコツコツと積み立ててきた保険料とその利息を受け取ることができるので、将来に備えての貯蓄方法としても大変効果的です。
しかし、一方でファイナンシャルプランナーなどお金の専門家は貯蓄と保障は分けるべき、という意見が多いのもまた事実です。では貯蓄保険は得なのか損なのか、という観点で考えたらどうなのでしょうか?

実際のところは何とも言えず、普通預金に比べたら利回りが良い商品が多い、ということくらいです。
というのも、終身保険で例えると毎月毎年支払う保険料の総額が1,000万円だったとして解約返戻金がそれを上回ることもあり、1,100万円受け取ることもあるのです。終身保険は定額型と呼ばれる保険のタイプに分類され、何年後に解約返戻金がいくら支払われるか、というものがあらかじめ決まっているのです。そのためリスクはほとんどありません。

終身保険で考えればこのような特性があるので、貯蓄に保障がついていると考えれば普通預金とくらべてもずっと得ということが言えます。加入前に今の普通預金の金利と比較するとそれもまた明確でしょう。