お子さんが産まれたとき、あるいは産まれる前から教育資金を気にする方も多いことでしょう。お子さんの教育資金の備えとして多くの家庭で利用されているのがこども保険です。こども保険はお子さんの教育資金を確実に用意できる保険です。
昔は主に郵便局がメインで販売されていた保険商品ですが、幅広く利用されていることから、たくさんの金融機関で販売されるようになりました。
今となってはほとんどの金融機関で取り扱っているので、色々なタイプのこども保険が見受けられるようになりました。
小学校、中学校、高校、大学それぞれの入学するタイミングでお祝い金が受け取れたり、保護者だけではなく、お子さんのケガや病気にも保障が得られたり、保障内容も非常に充実しています。

では。これだけ多くのこども保険がある中で、加入する側としてはどのような基準でこども保険を選べば良いのでしょうか?

まずは必要な保障があるかどうかです。既に別の積立保険に加入していれば、保障内容が重複しているものもあることでしょうから、そういった保障は余分な保険料の元です。
また、保障が手厚い程、将来受け取れる満期学資金が少なくなります。貯蓄と保障、どちらを優先するかも考えて選びましょう。