Archive for category 投資全般

自分年金は堅実的に行なう必要がある

自分年金をしっかりと積み立てていくのは、将来にとって大きな備えにすることができるものになります。備えにできなければ、それは自分年金をしている意味があまりなくなってしまうと言えるでしょう。
しっかりとした年金にすることができれば、それは将来的に楽に暮らしていけることにつながります。逆にちょっとでも隙を作ってしまい、それによって楽をしようとしてしまうと、それは将来の辛さにつながってしまうこともあります。

投資や運用となると、自分で挑戦したくなってしまうものですが、自分年金は挑戦というよりも堅実的に進めていく必要があります。そうでないと損失が非常に大きくなってしまうことも考えられます。損失が大きくなってしまえば、通常の生活をしていくのも苦しくなってしまいますし、当然そうなってしまうと、さまざまな面でデメリットが生まれてきてしまいます。

十分注意が必要であり、堅実的な投資を常に心掛けていく必要があります。堅実的な投資をすることができなければ、それだけ自分にとってのデメリットになることは確実であり、生活は苦しくなる可能性があがります。
年金はそれを防ぐための手段であり、その年金で苦しくなってしまえば本末転倒です。

自分年金については以下で情報収集するのがお勧めです。
自分年金専門のインターネット情報サイト
お役立ちコンテンツ満載の人気HPです。

貯蓄保険を解約する前に考えるべきこと

せっかく今まで保険料を支払ってきた貯蓄保険を安易に見直ししようと考える方が多いようです。相談する方の多くが養老保険や個人年金保険の早期解約です。すべて理解して納得した上で解約するのであれば良いのですが、保険料が高いからという理由で解約することが多いようです。これは本当に正しい判断なのでしょうか?

貯蓄保険は掛け捨て保険と比べると毎月支払う保険料は高めです。それが家計を圧迫することは確かで、掛け捨て保険の金額を見ると、「保険としては高いなぁ」と感じるかもしれません。しかし、貯蓄として考えると本当に高いのでしょうか?

養老保険や個人年金保険は保険商品のひとつでありますが、掛け捨て保険に比べれば保険機能はそれほど充実していません。加入当初は保障が手厚いものの、満期時は保障と支払った保険料がほとんど同じ金額となるので、保障機能が小さくなるからです。

さらに個人年金保険となるとほとんど年金を積み立てるだけのものになるので、余計に見直しの必要性を感じることでしょう。
しかし、貯蓄という観点で考えればまだ一考の価値があるのではないでしょうか?毎月確実に老後のために貯蓄ができるという意味では将来の安心を買うようなものです。
安易に解約と考えず、貯蓄の観点で見直してみてみましょう。

地道な資金形成が重要になる

老後に十分な資金がなく、十分な生活を送ることが出来ない人のことを「老後難民」と呼びます。嫌な言葉であるとは思いますが、しっかり向き合っておかなければならない問題でもあります。日本は中負担中福祉の国として長く継続してきましたが、小さな政府を目指すという世界的な先進国の流れのなかで、小負担小福祉の国へと向かっていっています。そういった過渡期において、老後の問題というものを避けて通る事はできません。

老後に十分に生活できるだけの資金を、自分で用意しておかなければならないということです。とはいえ、この老後資金の形成というのは一朝一夕にできることではありません。バリバリ仕事をしている間に考えて置かなければ、リタイア後に老後難民になってしまうことだって十分に考えられるのです。

今30代や40代である人達なら、まだまだ間に合います。50代になってしまっていると、少々無理をしながら資金形成を行うことを考えなければなりません。20代であれば、まずはマイホームの方を考えた方が良いでしょう。老後資金を考えるのはその先でも問題はありません。

重要なのは地道に資金形成を行っていくことです。積立預金や積立投資などを上手く駆使しましょう。

老後資金の準備に貯蓄型保険も検討されてはいかがですか。
以下のブログが参考になると思います。
「貯蓄と安心が得られる貯蓄型保険」http://www.cohoshike.com/

だれでも出来る賃貸経営

不動産経営の方法としまして、賃貸経営という方法があります。住宅を提供して家賃収入を得るという、いわば大家さんです。賃貸経営は体力を必要としない仕事であり、なおかつ住民との契約が続いている限り収入が継続する仕事ですので、どんな年齢になっても行い続けられる一生もののお仕事になります。

そんな美味しい条件の仕事なのですが、賃貸経営はだれでもできる仕事なのでしょうか。答えはイエスです!賃貸経営を開始する絶対条件としまして貸し与える物件を所持しているかどうかなのですが、それさえ満たしてしまえば、仲介する不動産業者の手引きを受けることで誰でも賃貸経営は可能になるのです。

賃貸経営の家賃収入を目当てに土地建物を購入するという人も増えてきているようです。その様な人達には自覚のない行動なのかもしれませんが、それは立派な不動産投資の一種なのです。不動産投資は土地そのものの売買のみを表す言葉ではなく、賃貸経営もその一種だとされています。

賃貸経営の為の物件購入なのですが、新築物件なら不動産ローンを組む事ができます。ローン審査に通らなかったという人でも、中古物件なら手軽な値段で購入できることがあります。選ばれる物件としまして、一軒家を想像するかと思いますが、マンションの1室だけを購入するなどの方法もあります。

金融業界を知るには、高岡壮一郎さんのサイトも必見